今宮健太はイケメン?彼女と結婚の噂はどうなった?

ソフトバンクの若武者、今宮健太(いまみやけんた)。

プロ野球選手としては身長172センチ体重も70キロ前後と決して恵まれた体でないです。

しかし2012年からはしっかりレギュラーに定着し、安定した守備と打撃、そして足もあり強肩を活かしすっかりソフトバンクの顔になりました。

そんな今宮健太は結婚を噂された彼女の噂がありましたね。気になる方も多いと思うので調べてみましたよ!

どーせならカープ女子(男子)と結婚したい!ペアーズで婚活!

スポンサーリンク

はにかむイケメンショートストップ

 

 

ソフトバンクのショートを守るのは二度のゴールデングラブ賞を獲得した今宮健太。

イケメンショートでホークス女子からの熱い視線を日々浴びています。

笑顔が印象的で良いプレーやヒットを打ったあとのはにかんだ表情はカワイイとも言われます。

体は小柄ですが甲子園ではマウンドに上がると154キロの豪速球を投げ込むほどの強肩で瞬足。

高校通算62本の小さな大砲でもあるんですね。

高い守備範囲とショートの深い位置からも豪腕でバッターランナーを刺すプレーを見ているとこっちもワクワクして元気をもらえます!

 

本当にいつも笑顔でソフトバンクの元気印というイメージがあるのでチームのムードメーカー的存在だと思います。

プライベートでの性格も非情に明るくこのようにファンを楽しませてくれます↓

 

 

本当にいつも明るくファンを楽しませてくれる今宮選手。

これからも爽やかショートとして元気なプレーを見せてほしいです!

 

 

元AKB野中美郷と結婚の噂はどうなった!?

 

 

やっぱりプロ野球選手もAKB好きは多いんですよね!

広島カープの一岡竜司も好きですしね。

今宮選手はみちゃ、みいという愛称で親しまれた野中美郷(のなかみさと)ちゃん23歳(当時)と結婚まで秒読み!と噂されるほどアツアツでラブラブ交際していたことで有名です。

 

スポンサーリンク

 

スポーツ新聞でも大きく報じられ、やっぱりモテるプロ野球選手はこうだよな~と思ったものです。

二人は両親への挨拶も済ませるほどの状態までいっていたそうですが、なんと別れてしまったようなんですね。

 

何故破局してしまったのか・・

その一番の原因は、ネット上の噂や野中ファンが怖いという話が有力そうです。

今宮選手自身、「噂が怖い」とSNSで漏らしたことがあるほど恋愛御法度のAKBメンバーとの交際に引け目を感じてしまった可能性があるんです。

元々大のホークスファンだった野中さんと今宮選手はデきてるんじゃ?と噂はありました。

そして表向きのAKB卒業の理由はAKBに入ることが夢だったけど入ってからフワフワしていたと、入ったことで満足したからという理由で辞めたとなっています。

しかし本当は今宮選手との結婚を考え卒業を決断したことが有力です。

 

 

しかしこのタイミングで分かることは恋愛御法度のAKBで付き合っていたことが分かればファンはショックを受けます。

ファンは本当にメンバーは恋愛をしていないと思っていますからとても傷つきます。

もちろん基本的には内緒で恋愛をしているとは思います。

けどファンはそうは思ってませんので野中さんをはじめ今宮選手に怒りを覚えるファンがなにをしてくるか分からないという恐怖を感じたから、破局に至ってしまったのではないかと思います。

 

実際にAKB握手会に刃物を持った男が乱入した事件もありましたし、可能性が0ではない所が気持ち悪かったのかもしれませんね。

 

 

 

元々は高城亜樹ちゃんがシクったとも言われていて、営業用アカウントとプライベートアカウントを間違えてこのようなツイートをしてしまった事が原因のようです。

投稿はすぐに削除し、本アカで「怖い。私になりすました人が何か言ってる」と否定コメントをつぶやきましたが時既に遅しで、恋愛御法度のAKBメンバーの裏事情を暴露してしまった事になりました。

 

高城さんは厳重注意だったようですが、一昔前に恋愛から反省の丸刈りにした峯岸みなみがいましたが、やはりバレると何があるか分からない怖さはあるはず。

今宮選手も野中さんも泣く泣くの破局だったのかもしれませんね・・

 

 

 

まあ!

今宮選手もまだまだ24歳です。

本人は結婚したかったかもしれませんが、まずは本業の野球をしっかりやって、また新しい彼女を作ってくれれば良いと思います。

もしかしたら時間を置いて復縁もあるかもしれないし・・

今後の活躍に期待です^^

 

どーせならカープ女子(男子)と結婚したい!ペアーズで婚活!

稲葉篤紀の香水はなんて言う香水?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ