桧山進次郎の通算成績や年俸はどうだった?

スポンサーリンク

2013年限りで阪神タイガースを引退し、代打の神様と言われた桧山進次郎。

通算成績や年俸がどうだったか気になったので調べてみました^^

スポンサーリンク

 

通算成績

 

1959試合、1263安打、159本、707打点、打率.260

背番号は24

 

サイクルヒットを一度経験しオールスターには3度選出。

振り返ってみると意外にもヒット数が少なかったんだなと感じます。たしかに引退までの数年はスタメン出場は少なかったし代打で稼ぐという道がよく似合う選手だなと思っていました。

印象深いのは引退が決まっている2013年のクライマックスシリーズでカープの元守護神ミコライオから代打ホームランを放った時は引退するには惜しい!と思ったほどのキレのあるスイングだったのを覚えています。

 

年俸の推移

 

1992年・・600万 1993年・・850万 1994年・・1000万

1995年・・1420万 1996年・・2400万 1997年・・5000万

1998年・・6000万 1999年・・5100万 2000年・・4800万

2001年・・4300万 2002年・・7200万 2003年・・7500万

2004年・・1億2000万 2005年・・1億2000万 2006年・・1億500万

2007年・・6500万 2008年・・4000万 2009年・・6000万

2010年・・4200万 2011年・・4000万 2012年・・4000万

2013年・・3800万

 

赤字はピーク時の年俸です。

 

年俸でも意外だなと思いますね。マックスで1億2000万。もっと金本選手のようなレジェンド級な選手かと思っていたので2億3億は貰ってた時期があると思ってました。

しかし、選手寿命が短い野手ながら代打専門で数千万稼いだと思えばやはり凄い選手だったのかなと思います。

そういえばカープの前田智徳も引退前の何年かは代打で何千万も貰ってましたね。

前田選手は最後には剛速球は打てない身体になっていましたが桧山選手はミコライオから一発放ったんで凄いと思いますね。

 

桧山進次郎

 

ネプリーグに出演するなどこれからバラエティーなどの出演も増えるのかもしれません。

将来は阪神の打撃コーチなどに就任するかもしれないですね!

まだまだ45歳と若いので色々精力的に活躍してほしいですね(^O^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ