斎藤佑樹も鬱(うつ)病かもしれない?

スポンサーリンク

2015年春季キャンプ、「今年の真っ直ぐは良い」と栗山監督に絶賛されていた日ハム斎藤佑樹が4月17日楽天戦で今季2度目の先発マウンドに上がりました。

 

しかし結果は3回1/3を投げ5安打4失点KO。内容が悪すぎて無期限2軍調整を命じられてしまいました。斎藤投手は2日の今季初先発でも4回1/3を3失点と制球に苦しみKOされて、同じことの繰り返しとなってしまいました。

 

栗山監督も「本当に見ての通り。結果というより内容がね・・」と落胆の声を漏らしながらも、「ボール自体は悪くない」と斎藤投手を擁護する言葉も残しました。これは2軍で結果さえ残せば1軍再昇格はあるという言葉だと取れるので、めげずに頑張れば今季もまだチャンスはあると思います。

 

ただ、事実上の無期限2軍調整はこれまで苦しいプロ野球人生を送っている斎藤投手にとってはかなり精神的ダメージが大きいでしょう。

ファンの間ではうつ状態になるのではないだろうか?との声が上がり心配されています。

スポンサーリンク

 

田中将大と比べられ続ける日々

 

 

斎藤佑樹と言えば甲子園青いハンカチで汗を拭うシーンが注目となりハンカチ王子と一躍話題となった投手ですよね。そしてその甲子園の決勝ではあのヤンキース田中将大をラストバッターを三振に打ち取り、早稲田実業学校高等部を初の夏の甲子園優勝に導きました。

 

この甲子園決勝は実は前日15回を投げ合うも決着がつかず、37年ぶりの引き分け再試合だったので凄く話題になった試合でもありました。

その決勝で田中投手に投げ勝ち勝利したハンカチ王子こと斎藤佑樹は一躍スターになり世間では甲子園のアイドルなどと言われるようになりました。

 

 

しかし、今のところ斎藤投手の最高の栄光はこの甲子園までで、高校卒業をプロ入りした田中投手と大学進学を選んだ両者は全くの真逆の野球人生になってしまいました。

 

田中将大

 

田中投手は2006年高校生ドラフト1位で楽天イーグルスに入団すると野村克也監督の元すぐにエース格にまで成長。当時のエースは岩隈久志でしたが引けをとらないピッチングをするようになり、クレバーな岩隈、気迫のまーくんという感じでダブルエースとして大活躍。

 

2014年からは黒田博樹のいるメジャーニューヨーク・ヤンキースに入団し年俸23億円でプレーする日々で、華々しい活躍を見せています。

 

 

一方斎藤佑樹投手も2010年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズへ入団し、まーくん世代と呼ばれる田中将大、前田健太、坂本勇人、澤村拓一などの一流プレーヤーまで成長すると誰もが思っていました。

 

しかし評論家が語るには「斎藤投手は大学時代に手を抜いた。立ち投げになっていて大学では通用したかもしれないがプロでは通用しないと思う」と、プロの世界が甘くないことは示唆していました。

 

これが現実となってしまい上体だけで投げるストレートに力はなく、変化球のキレも良いとは言えないレベルで打たせて取るのが精一杯。

1軍昇格と長い2軍降格の繰り返しのプロ野球人生となってしまっています。ドラ1ルーキーの中でもプロ初勝利が最速だった事や2年目で初の開幕投手を努め9回1失点と素晴らしいピッチングもあったのですが、調子を安定させる事ができず、生命線の制球力が年間通して維持できない為2軍暮らしが多くなってしまっています。

 

 

田中将大が投げる度に結果を残す日々は、斎藤佑樹にとって意識していない事は絶対ないと思うのでとても悔しい思いのハズです。

仕事と同じで職業が同じの同期が、最初自分の方が高評価されていたにも関わらず、年を重ねるうちにその同期がどんどん昇進していくようなものです。

 

一見職場(リーグや日米)がちがうので気にならないように思えますが、プロスポーツ選手としてテレビに映る彼らはマスコミなどの取材陣からいい様に質問されます。普通の職場なら気を使われたり直接比べられるような言葉はなかなかかけられないと思いますが、斎藤投手はそうもいかず度々田中投手と比べられる日々はとても辛いものだと思います。

 

 

今回の2軍落ちは本人にとって、とても精神的にきたかもしれません。

 

 

プロスポーツ選手特有のイップスかも?

 

松坂大輔

 

 

最近では4年16億の大型契約で日本復帰を果たしたソフトバンク松坂投手も、大きなプレッシャーから球を投げられないんじゃないか?うつ状態なんじゃないか?とノースロー調整の理由を気にする声が増えています。

 

幸い30メートルのキャッチボールを開始したようですが、こういう精神的心労からボールを投げられない、握れないなどのイップスを発症する可能性はあると思います。

イップスとはトラウマのことで、例えばピッチャーなら打たれる気しかしなくなり投げる事が恐怖になったり、過去にデッドボールを当ててしまってバッターの内角に投げられなくなったりすることです。

 

野手の場合なら送球とかに自信が持てなくなるケースが多いですね。今回、斎藤佑樹投手も無期限2軍降格でバッターに投げるのが怖くなってしまう可能性はあります。

 

森脇監督からは2軍で結果を出さないと昇格なないとプロの世界の厳しさを通達されているので様々なプレッシャーが彼を襲うと思います。

なにか吹っ切れるものがあって覚醒してくれる事を祈りたいですが、苦しい状況は間違いないので踏ん張りどころかもしれないですね。

 

 

ただ、いつまでも落ち込んではいられません!結果を出さないと昇格がないと言われたら出すしかないんです!

斎藤佑樹、1軍復活マウンド目指してがんばれ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ