戸根千明の目つきや口元、投げっぷりが凄い!彼女はいる?

スポンサーリンク

巨人の中継ぎとして頭角を現してきているのが戸根千明(とねちあき)という投手です。

左のワンポイントだけじゃなく、しっかりと右バッターも抑え1イニングを任せられるくらい安定感が出てきたピッチャーで侍ジャパンにも急遽招集されるほど実力が認められるようになってきました。

球速や球種はどんなものを持っているのでしょうか?どの辺りが好成績に繋がっているのでしょう?

スポンサーリンク

投げっぷりと気迫が持ち味

 

京都生まれで島根の石見智翠館高(いわみちすいかん)、日大出身の戸根千明。

見た目どおりガタイにまず目がいきますよね。

巨人の新人にしてはちょっと締まらない体型だな~と最初は思っていました。

お母さんがフィリピンの方らしく、なるほどと思える顔つきだなと。

 

しかし2015年シーズンの巨人戦を見ていると、敗戦処理から徐々に大事な場面を任される存在になっていきました。

シーズン終盤には明らかに戦力として使われていました。

 

投げっぷりや目つきの鋭さが特に目立つピッチャーだなと思っていました。

凄い視線で捕手のサインを見る表情と、投げる瞬間に闘志が溢れすぎて口びるがきゅっとなるのが特徴的です。

のらるくらりと抑える戸根投手は一体何が凄いのかな~と見ていましたが、素人の僕の見た目では特に凄い点は感じられません(;^ω^)

 

しかし、とにかくバッターが打ちにくそうなんです。

コントロールがいいわけでもないですし、球速も最速148キロながら平均球速は140キロいかないでしょう。

球種もオーソドックスでカーブにスライダー、チェンジアップですが、空振りを取れる球の印象は低めです。

 

それでもバッターは打ちにくそうなのでなんでかなーと悩んで見ていましたが、適度な荒れ球がバッターに怖さを与えてるのかもしれません。

バッターは時に球速、キレの良い変化球を持ったピッチャーが相手でも制球が良いピッチャーを逆に苦にしないケースがあります。

それはコース待ちができるからですね。

 

勘でコースを絞り、山を張れるので狙いのコースに球が来たときプロのバッターは対応ができます。

しかし荒れ球持ちの投手はよく解説の方も言いますが、適度に荒れてた方が予測がつかない分、始動が遅れるんだと思います。

それが戸根投手の持ち味なのかなと勝ってに解釈しています(^^)

 

 

彼女はいる?

 

けっこう彼のような男気ある感じの顔が好きという女性も多そうですので彼女もいるのかなと思い調べてみましたが、今のところいなそうでした。

入団1年目ということでまだ遊べないという引き締まった思いで野球に取り組んでるかもしれませんね!

でも田舎の島根県の高校時代はかなりモテたんじゃないでしょうか?

プロになれる島根出身の選手は最近で有名なのは開星出身の梶谷選手くらいですし、同級生はほっとかなったハズ・・

 

 

出身高はあの谷繁と一緒!

 

島根県石見智翠館高出身の投手ということで地元が近く、少し応援しちゃうピッチャーですが、高校の名前がこの名前へ変わる前は江の川高校でした。

実はあの谷繁元信出身の高校なんですね!

谷繁さんが現役だった頃は野球中継のテロップに『江の川高校』と出てたのでとても嬉しかったのですが、今は戸根千明投手がテレビで投げる度『石見智翠館』と出るので頼もしいなと感じます♪

 

戸根千明投手の投げっぷりにワクワクしながら今後も応援していきたいと思います(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ