カープで一番牽制が上手かった横山竜士選手引退 理由「体がついていかなくなった」

スポンサーリンク

2014年カープ1人目の現役引退は遂にベテラン横山竜士選手となってしまいました。

 

横山竜士選手はカープ一筋20年選手で先発から中継ぎもこなしてきた大ベテラン投手でした!

スポンサーリンク

 

 

横山投手は年齢を感じさせないピッチングで2007年あたりからの活躍ぶりが半端なかったです!

 

 

横山竜士 2007~2014成績

 

2007年 60試合 3勝3敗 72回 防御率2,63

2008年 38試合 5勝1敗 42回 防御率1,50

2009年 69試合 3勝8敗 64回 防御率3,52

2010年 46試合 3勝2敗 50回 防御率1,62

2011年 2試合  0勝0敗 1回 防御率45,00

2012年 23試合 2勝0敗 21回3/2 防御率0,42

2013年 37試合 1勝1敗 39回 防御率3,23

2014年 6試合  1勝0敗 6回 防御率8,10

 

 

引退理由

 

引退会見にて体がついていかなくなった

 

 

 

横山竜士選手の通算成績は507試合46勝44敗17セーブ防御率3・42。

 

投手で20年プレーして通算防御率が3点台はとても素晴らしい成績だと思います!

しかも勝利数が上回っており勝ち運も持っていたと思います!2009年は8敗してはいますが防御率は3、52ですしその年だけは不運でした。

 

 

 

横山投手と言えば牽制の上手さ

 

横山投手の代名詞と言えば牽制です。

牽制の素早さはカープで一番だと思っています!

 

109

横山投手のサインを見るときのポーズからの

 

 

110

牽制球!

 

 

横山投手の再三の牽制球でアウト!!動画 ↓↓

 

 

 

本当に名残惜しいですが横山投手ももう38歳。

よく頑張ってくれたと思いますヽ(*´∀`)ノ

 

横山投手から投球術を学んだ若手も多いでしょう!

 

 

 

108-300x203

本当に20年間!お疲れさまでしたヽ(´▽`)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ