黒田博樹の球種と球速は?2015シーズン前におさらい!

スポンサーリンク

カープへ復帰した黒田博樹投手の球種や球速が

気になったので2015シーズン前に調べてみました!

スポンサーリンク

 

黒田博樹の球種と球速は?

 

メジャーへ行く前の黒田博樹のイメージでは150キロ超えの

球速とキレのあるフォークで抑えていくって感じのイメージでした。

 

しかし、もちろんメジャーに行くとボールが違うので球種や

球の軌道の確認とかで変化が違うので新しいボールを

習得したりしてるので結構球種は変わってます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
記事中失礼!ポチして貰えると嬉しい♪

 

黒田博樹の2014年の主な球種は

 

4シーム、2シーム(高速シンカーのような感じ)

スライダー、カーブ、カットボール、スプリットという感じになっていて

だいたい6種類の変化球を持っています。

 

球速はマックス154キロを記録しています。

39歳という年齢にしては恐ろしい体調管理だなと思います。

金本や鳥谷選手が鉄人と呼ばれたりしていますが

黒田博樹こそ鉄人と呼べると思います。

 

黒田博樹の投球スタイル

 

黒田投手はこういう理想論を話しています。

「理想はバッターが狙っている球を投げ打たせて取る」

 

メジャーで活躍していく上で大切にしていた理論で

 

事実7年間では素晴らしい成績をあげました。

スプリットやカットボール、2シームなどで打たせて取る

ピッチングはメジャーで通用し79勝をあげました。

 

気になるのは日本で通用するのか?ということですね。

なんだかメジャーで通用していた投手に通用するのかって言うのも変な話ですね(笑)

 

日本復帰で投球スタイルの影響は?

 

やはり気になるのがボールが変わって通用しなくならないか?

という点です。

メジャーへ渡る前は速球とフォークで三振も取っていくスタイルでしたし

打たせて取るっていうスタイルができるのかどうかですよね。

@

メジャー版黒田博樹の球の握りはこんな感じです。

まずは試してみてって感じでしょうか?

黒田投手のことですからもう球の握りの確認や、

キャッチボールなどして色々確認してると思います。

 

ボールが変わって影響がないわけがないので心配な点はありますが、元々試合の中で使える球を見極めながら投げることができる投手。

対応力がスゴイとメジャーでも評判の黒田博樹が日本で

どんなピッチングするのか楽しみです!

 

 

黒田博樹選手についてこんな記事もあります!

 

 

名言『雪に耐えて梅花麗し』の意味

登場曲『RED』はどんな曲?

意外な血液型だった!

海外の反応と親友カーショーとのエピソード

私服もメジャー級!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ