【パワプロ2015】永川勝浩のフォークの落ちを予想

スポンサーリンク

広島カープの永川勝浩と言えばかつての守護神。なにがすごくて守護神になっていたかと言うと、なんと言ってもフォークボールの凄まじい落差でした。

 

パワプロシリーズでもフォークボールが強いので三振を狙うのに良いピッチャーです。今年はパワプロ2015を買おうと思っているので永川投手のフォークの落ちを予想してみたいと思います!

スポンサーリンク

 

永川のフォーク

 

永川勝浩パワプロ

 

 

永川投手は基本的に球速も早く、守護神時代には150キロオーバーの速球で前へ打球を飛ばさず、振ってしまうフォークボールで三振を取るスタイルにカープファンは魅了されましたよね(^O^)

 

昔の永川投手のパワプロデータはこんな感じでした。

 

 

永川勝浩パワプロ能力2008(守護神時代)

 

 

球速・・・152キロ コントロール・・・G95 スタミナ・・・E37

変化球・・・スライダー1、フォーク5

特殊能力・・・キレ〇、回復〇、奪三振〇、クイック✖、対左投手✖、安定度✖、四球✖

 

 

だいたいこんな感じで、とても守護神とは思えないような辛いデータですね(^_^;)

球速とフォークボールの落ちに関してはまあこんなものかと思いますが特殊能力がひどいですね。コントロールに関しては納得なんですが(笑)

 

 

ただこの頃が永川投手は全盛期と言われていて、ケガをしてからはしばらく1軍で投げることができない日々が続きました。かつてカープで一番年俸をもらっていた(1億6000万円)男は年々減額されいよいよ崖っぷちとなる4000万円まで年俸は下がりましたが2014年にモデルチェンジして復活してます。

 

2015年の年俸は2000万アップの6000万円になりました^^

 

 

永川勝浩のモデルチェンジ

 

 

永川投手と言えばストレートとフォークしかないという事で解説者、カープファンも認知しているのですが、2013年終盤からは完全モデルチェンジし復活しました。

 

なにを変えたかと言うと一番は足の上げ方ですね。かつて豪快に足を上げてから踏み出していたのを、あまり上げない形にしてからコントロールが良くなりました。

守護神時代NG川と言われたコントロールの悪さは無くなり、新たにスライダーやカーブも投げられるようになったことで投球スタイルに幅が出ました。

 

これにより球速は若干落ちたものの三振も狙えて打たせて取ることもできるようになったのでカープの苦しい中継ぎ事情の中で存在感を発揮しながら活躍するまで復活しました。

 

 

パワプロ2015永川勝浩能力予想

 

 

パワプロ2008年の頃より少しデータ表記が変わっているので今の形で予想してみたいと思います。ちなみに2014年能力も参考にしています。

 

 

永川勝浩パワプロ能力2015予想

 

 

球速・・・150キロ コントロール・・・D53 スタミナ・・・E45

変化球・・・スライダー3、フォーク4、フォーク(第2)

特殊能力・・・対ピンチC、クイックE、ノビE、一発

 

 

こんな感じで予想してみました!

けっこうパワプロの能力査定が理解できないのですが、例えば永川投手はカーブも球種としてあるのにないので不思議な所はありますね。

ただ2014でもカーブがないのでとりあえずカーブはなしで考えてみました。また球速も150キロは投げられると思います

 

2014であった特殊能力ケガしにくさEと送球Eは今季イニングまたぎも任されていますし1年間がんばって投げてくれるものと信じていますのでナシにしときました。

 

ただけっこうパワプロは能力が変わらないことが多いのでケガしてなくてもケガしにくさEはあるのかもしれません(´Д`;)

 

 

けど、永川勝浩のフォークってもっと凄いハズなのに低評価なんですよね・・それを込みで予想した変化量にしてみましたが、実際6とかあってもおかしくないと思うけどな~

 

まあ楽しみにしときます(^O^)

あ、カープがAクラスに入らないと買いません!w

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ