松井稼頭央の全盛期時の年俸とパワプロデータ

スポンサーリンク

メジャーで630本、日本ではあと10本で2000本安打達成となる松井稼頭央選手!

現在40歳とは思えない身体能力で楽天イーグルスのスタメンショートとして出場し続けていますが、全盛期時代はもっと凄かったです!

 

その全盛期時のデータを年俸や成績、パワプロデータで振り返っていきます。

スポンサーリンク

 

全盛期時はいつだった?

 

 

 

松井稼頭央選手と言えばスイッチヒッター(両打ち)でも有名で、数少ないスイッチヒッター成功者と言える選手です。

歴代の凄いスイッチヒッターと言えば高橋慶彦さんや木村拓也さん、セギノールなどがいますね。

 

 

個人的に松井稼頭央選手が全盛期だったなーと思うのは2002年のことで、以下のような成績を残しています。

 

2002年松井稼頭央成績(西武)

140試合、193安打、36本、87打点、打率.332、盗塁33

最多安打、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞しています!

とてつもない成績ですよね・・・この年の成績をパワプロにしてみるとこんな感じになります。

 

 

松井稼頭央パワプロ2002データ

弾道3、ミートB6、パワーA160、走力A15、肩力A14、守力B12

パワーヒッター、固め打ち、三振、慎重打法、積極盗塁

 

と、アレンジチーム作るなら絶対入れたくなるようなデータですよね!

惜しくもシーズン200本安打とならなかったのが残念ですが、それでも凄い成績です。これならメジャーでも通用しますよね(^O^)

 

 

では年俸はどのくらい貰っていたのでしょうか?

ここでは2002年が全盛期の成績だったと仮定して2003年の年俸を紹介します。

 

2003年年俸

3億5000万円!!

 

凄いの一言です。今広島カープの前田健太が来年にもメジャーに行くと言われていますが年俸は3億ちょうどです。球団の差はあるかもしれませんがスーパースターだったなーと記憶が蘇ってきますね^^

 

 

ちなみに最高年俸がメジャー時代の2006年で8億円!!

現在楽天イーグルスでの年俸が1億6000万円となっています。

更に生涯年俸は実に62億6500万と信じられないくらいの数字になってます。

 

 

2015年マツダオールスターゲームに選ばれるなど、スーパースターっぷりはまだまだ健在!そしてプロ野球選手にしかできないようなプレーがコチラ↓

 

 

 

僕はカープファンなので試合を観ていましたが衝撃的なプレーでした(笑)

まさに敵ながらアッパレで、このプレーには脱帽でした・・

たっぱり身体能力が高いというかプロスポーツ選手ならではの強いリストなどでこのプレーが生まれたんでしょうね!倉選手が放った打球ですが、これ一回転して送球では間に合わないんでしょうかね?

 

 

このプレーに関しては菊池選手のような破天荒っぽさも感じたプレーでした(^皿^)

 

 

松井稼頭央の嫁や子供、結婚はいつだった?

松井稼頭央の筋肉や成績

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ