プロ野球 歴代新人王一覧と成績

スポンサーリンク

プロ野球のシーズンオフには各種賞が贈られます。

 

そこに新人の祭典新人王があります。

 

新人王はセリーグ、パリーグそれぞれ1名ずつしか選ばれません。歴代新人王が気になるので見ていきましょう♪

スポンサーリンク

 

 

新人王は2人優秀な成績を挙げたから2名選ばれる、という様な事はありません。

新人王獲得は新人王の権利の期限なんかもありますから、かなりチャンスは少ないです。

 

 

新人王概要

 

全国の新聞、通信、放送各社に所属しており5年以上プロ野球を担当している記者が、選考資格を持つ選手のうち1名の名前を記入し投票する(最優秀新人に相応しいと思う選手がいなければ、「該当者無し」票を投じることもできる)。セントラル・パシフィック各リーグで最も多くの票を得た選手1人が、最優秀新人に選出される。ただし、最多得票の選手の得票数を「該当者無し」票の票数が上回っている場合、あるいは規定の得票数(投票総数の26%)に達している選手がいない場合は、「該当者無し」になる。(ウィキペディアより)

 

このようにあまり活躍した新人が居ない年があると該当者なしという年もあります。

 

 

新人王資格

 

海外でのプロ経験がなく在籍5年以内で、2年目以降は前の年まで1軍で投手だと通算30イニング未満野手は通算60打席未満

 

外国人選手…ドラフトで入団したか否かに関わらずプロ経験が無ければ5年以内でも資格があります。

 

 

こんな感じになっています。

 

 

記録にも残るのでプロ野球選手になったのならまず目指したい賞ですよね!

 

 

 

 

歴代新人王 セリーグ

 

2013 小川泰弘 ヤクルト 投手 防御率2,93 16勝4敗

2012 野村祐輔 広島 投手 防御率1,98 9勝11敗

2011 澤村拓一 巨人 投手 防御率2,03 11勝11敗

2010 長野久義 巨人 外野手 打率.288 19本塁打

2009 松本哲也 巨人 外野手 打率.293 16盗塁

2008 山口鉄也 巨人 投手 防御率2,32 11勝2敗

2007 上園啓史 阪神 投手 防御率2,42 8勝5敗

2006 梵英心   広島 内野手 打率.289 8本塁打

2005 青木宣親 ヤクルト 外野手 打率.344 3本塁打

2004 川島亮   ヤクルト 投手 防御率3,17 10勝4敗

2003 木佐貫洋 巨人 投手 防御率3,34 10勝7敗

2002 石川雅規 ヤクルト 投手 防御率3,33 12勝9敗

2001 赤星憲広 阪神 外野手 打率.292 1本塁打

2000 金城龍彦 横浜 内野手 打率.346 3本塁打

1999 上原浩治 巨人 投手 防御率 2,09 20勝4敗

1998 川上憲伸 中日 投手 防御率2,57 14勝6敗

1997 沢崎俊和 広島 投手 防御率3,74 12勝8敗

1996 仁志敏久 巨人 内野手 打率.270 7本塁打

1995 山内泰幸 広島 投手 防御率3,74 14勝10敗

1994 藪恵市    阪神 投手 防御率3,18 9勝9敗

1993 伊藤智仁 ヤクルト 投手 防御率0,91 7勝2敗

1992 久慈照嘉 阪神 内野手 打率.245 0本塁打

1991 森田幸一 中日 投手 防御率3,03 10勝3敗17S

1990 与田剛   中日 投手 防御率3,26 4勝5敗31S

1989 笘篠賢治 ヤクルト 内野手 打率.263 5本塁打

1988 立浪和義 中日 内野手 打率.223 4本塁打

1987 荒井幸雄 ヤクルト 外野手 打率.301 9本塁打

1986 長冨浩志 広島 投手 防御率3,04 10勝2敗2S

1985 川端順   広島 投手 防御率2,72 11勝7敗7S

1984 小早川毅彦 広島 内野手 打率.280 16本塁打

1983 槙原寛己 巨人 投手 防御率3,67 12勝9敗1S

1982 津田恒美 広島 投手 防御率3,88 11勝6敗

1981 原辰徳   巨人 内野手 打率.268 22本塁打

1980 岡田彰布 阪神 内野手 打率.290 18本塁打

1979 藤沢公也 中日 投手 防御率2,82 13勝5敗

1978 角三男   巨人 投手 防御率2,87 5勝7敗7S

1977 斉藤明雄 大洋 投手 防御率4,40 8勝9敗

1976 田尾安志 中日 外野手 打率.277 3本塁打

1975 該当者なし

1974 藤波行雄 中日 外野手 打率.289 1本塁打

1973 該当者なし

1972 安田猛   ヤクルト 投手 防御率2,08 7勝5敗

1971 関本四十四 巨人 投手 防御率2,14 10勝11敗

1970 谷沢健一 中日 外野手 打率.251 11本塁打

1969 田淵幸一 阪神 捕手 打率.226 22本塁打

1968 高田繁   巨人 外野手 打率.301 9本塁打

1967 武上四郎 サンケイ 内野手 打率.299 3本塁打

1966 堀内恒夫 巨人 投手 防御率1,39 16勝2敗

1965 該当者なし

1964 高橋重行 大洋 投手 防御率2,76 17勝11敗

1963 該当者なし

1962 城之内邦雄 巨人 投手 防御率2,21 24勝12敗

1961 権藤博   中日 投手 防御率1,70 35勝19敗

1960 堀本律雄 巨人 投手 防御率2,00 29勝18敗

1959 桑田武   大洋 内野手 打率.269 31本塁打

1958 長嶋茂雄 巨人 内野手 打率.305 29本塁打

1957 藤田元司 巨人 投手 防御率2,48 17勝13敗

1956 秋山登   大洋 投手 防御率2,39  25勝25敗

1955 西村一孔 阪神 投手 防御率2,01 22勝17敗

1954 広岡達朗 巨人 内野手 打率.314 15本塁打

1953 権藤正利 洋松 投手 防御率2,77 15勝12敗

1952 佐藤孝夫 国鉄 内野手 打率.265 14本塁打

1951 松田清   巨人 投手 防御率2,01 23勝3敗

1950 大島信雄 松竹 投手 防御率2,03 20勝4敗

 

 

投手…36人

野手…23人

 

 

歴代新人王 パリーグ

 

2013 則本昂大 楽天 投手 防御率3,34 15勝8敗

2012 益田直也 ロッテ 投手 防御率1,67 2勝2敗43HP

2011 牧田和久 西武 投手 防御率2,61 5勝7敗22S

2010 榊原諒   日本ハム 投手 防御率2,63 10勝1敗

2009 摂津正   ソフトバンク 投手 防御率1,47 5勝2敗

2008 小松聖   オリックス 投手 防御率2,51 15勝3敗

2007 田中将大 楽天 投手 防御率3,82 11勝7敗

2006 八木智也 日本ハム 投手 防御率2,48 12勝8敗

2005 久保康友 ロッテ 投手 防御率3,40 10勝3敗

2004 三瀬幸司 ダイエー 投手 防御率3,06 4勝3敗28S

2003 和田毅   ダイエー 投手 防御率3,38 14勝5敗

2002 正田樹   日本ハム 投手 防御率3,45 9勝11敗

2001 大久保勝信 オリックス 投手 防御率2,68 7勝5敗

2000 該当者なし

1999 松坂大輔 西武 投手 防御率2,60 16勝5敗

1998 小関竜也 西武 外野手 打率.283 3本塁打

1997 小坂誠  ロッテ 内野手 打率.261 1本塁打

1996 金子誠   日本ハム 内野手 打率.261 4本塁打

1995 平井正史 オリックス 投手 防御率2,32 15勝5敗27S

1994 渡辺秀一 ダイエー 投手 防御率3,20 8勝4敗

1993 杉山賢人 西武 投手 防御率2,80 7勝2敗5S

1992 高村祐   近鉄 投手 防御率3,15 13勝9敗

1991 長谷川滋利 オリックス 投手 防御率3,55 12勝9敗1S

1990 野茂英雄 近鉄 投手 防御率2,91 18勝8敗

1989 酒井勉   オリックス 投手 防御率3,61 9勝7敗9S

1988 森山良二 西武 投手 防御率3,46 10勝9敗

1987 阿波野秀幸 近鉄 投手 防御率2,88 15勝12敗

1986 清原和博 西武 内野手 打率.304 31本塁打

1985 熊野輝光 阪急 外野手 打率.295 14本塁打

1984 藤田浩雅 阪急 捕手 打率.287 22本塁打

1983 二村忠美 日本ハム 外野手 打率.282 13本塁打

1982 大石大二郎 近鉄 内野手 打率.274 12本塁打

1981 石毛宏典 西武 内野手 打率.311 21本塁打

1980 木田勇 日本ハム 投手 防御率2,28 22勝8敗4S

1979 松沼博久 西武 投手 防御率4,03 16勝10敗

1978 村上之宏 南海 投手 防御率3,61 5勝8敗3S

1977 佐藤義則 阪急 投手 防御率3,85 7勝3敗1S

1976 藤田学   南海 投手 防御率1,98 11勝3敗

1975 山口高志 阪急 投手 防御率2,93 12勝13敗1S

1974 三井雅晴 ロッテ 投手 防御率3,24 6勝5敗4S

1973 新美敏   日拓 投手 防御率3,65 12勝13敗

1972 加藤初   西鉄 投手 防御率3,95 17勝16敗

1971 皆川康夫 東映 投手 防御率3,44 11勝14敗

1970 佐藤道郎 南海 投手 防御率2,05 18勝6敗

1969 有藤通世 ロッテ 内野手 打率.285 21本塁打

1968 該当者なし

1967 高橋善正 東映 投手 防御率2,46 15勝11敗

1966 該当者なし

1965 池永正明 西鉄 投手 防御率2,27 20勝10敗

1964 該当者なし

1963 該当者なし

1962 尾崎行雄 東映 投手 防御率2,42 20勝9敗

1961 徳久利明 近鉄 投手 防御率3,26 15勝24敗

1960 該当者なし

1959 張本勲   東映 外野手 打率.275 13本塁打

1958 杉浦忠   南海 投手 防御率2,05 27勝12敗

1957 木村保   南海 投手 防御率2,46 21勝11敗

1956 稲尾和久 西鉄 投手 防御率1,06 21勝6敗

1955 榎本喜八 毎日 内野手 打率.298 16本塁打

1954 宅和本司 南海 投手 防御率1,58 26勝9敗

1953 豊田泰光 西鉄 内野手 打率.281 27本塁打

1952 中西太   西鉄 内野手 打率.281 12本塁打

1951 蔭山和夫 南海 内野手 打率.315 6本塁打

1950 荒巻淳   毎日 投手 防御率2,06 26勝8敗

 

 

投手…43人

野手…15人

 

 

新人王は圧倒的に投手が多い!

 

セリーグ、パリーグの歴代新人王は上記の通りで投手の方が圧倒的に多いという結果になりましたね。

理由は分かりませんがその傾向はあるようです。

経験が少ないバッターにとってプロの球を打つのは至難の技という事なのでしょうか(´・ω・`)

 

 

2014年に新人王は誰が手にするのでしょう!やはり投手なのでしょうか?

 

楽しみですねヽ(*´∀`)ノ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ