プロ野球 無期失格とは?黒い霧事件では選手の復帰はあった?

スポンサーリンク

2015年プロ野球界に衝撃を走らせた読売巨人軍選手の

野球賭博問題・・

紳士な球団カラーに泥を塗った行為は球界にもファンにも

大きな信頼の損失を生みました。

今回の問題で関わった選手と、NPB(日本野球連盟)がとった無期失格

からの選手復帰はありえるのかなど考察していきたいと思います。

黒い霧事件ではどういう結果になったのかも調べてみました。

スポンサーリンク

 

野球賭博に関わった選手

 

笠原将生(かさはらしょうき)

24歳で投手

自慢の快速球で主に巨人の中継ぎとして活躍。

2008年のドラフト5位で今季年俸は1900万円。

 

 

福田聡志(ふくださとし)

32歳で投手

笠原と同じく巨人の中継ぎ投手

2005年に希望入団枠で入団し今季年俸は2400万円。

 

 

松本竜也(まつもとりゅうや)

22歳で投手

2011年のドラフト1位左腕だが1軍登板はなく今季年俸は630万円。

 

 

なぜ問題なのか

 

 

そもそも野球賭博は違法だからです。

国が認める公営ギャンブルは、

競馬、競艇、競輪、宝くじ、オートレース、スポーツ振興くじです。

髪も奇抜な髪にしてはいけない、歴代監督のほとんどの人の

体型はスリムなどまさに球界で一番紳士なイメージの強い巨人が

まさかの野球賭博関与で球界に激震が走りました。

 

いま現在も球団内、他球団選手の賭博行為関与について

調査中とのことでもしかしたら更に関与していた選手が出てくるかもしれません。

噂ではすでに引退した方やコーチにも怪しい人物はいるようで

実際にはもっと関与した人物がいると見られていますね。

かなり有名なコーチも関与していると噂になっています。

 

 

無期失格、からの球界復帰はありえる?

 

 

 

今回のプロ野球賭博行為でこういった言葉が出てきました。

 

『黒い霧事件』

 

黒い霧事件とは1969~1971年にかけて

プロ野球選手が金銭をかけて八百長を実際に行った事件のことです。

この事件では信じられないことに19名もの関係者が出てしまいました。

 

主な行為は実際に自分が出場する試合で味方が負けるような展開になるようなプレー、敗退行為を行った選手がいて今回の問題よりも重い行為をしています。

 

その他にもオートレースで八百長が起きると事前に知って参加する選手がいたり、プロ野球の試合で八百長に参加しないか?と勧誘され、実際にはしていなくても勧誘されたことを報告しなくて処分された選手も多いです。

 

 

今回の巨人の3投手が行った行為は八百長まではしていないが、

笠原投手に限っては実際のプロ野球の試合を対象に賭博行為を

していただけでなく、福田投手、松本投手の仲介役もやっていたということで

今後のプロ野球界復帰は相当厳しいものとなったでしょう。

 

 

ん?

黒い霧事件や今回の賭博に関わった人って再びプロ野球の世界に

復帰できるの?と気になる人も多いと思いますが

可能性はあると思います!

 

無期失格ということで罪がかなり重いことは間違いないですが

黒い霧事件でも、永久追放となった選手以外には

勧誘を受け報告しなかった方は1年間の野球活動停止処分で済んだ方や

オートレースの八百長レースに参加で3ヶ月の謹慎処分に

暴力団との交流をしていて処分を受けましたが

その後署名活動などで署名が集まった選手に対しては

本人からの申請があった上で、善行を保持した努力や成果が垣間見ることのできる選手だとコミッショナーが判断した場合に球界復帰を認める場合があるそうです。

 

 

となるとどんなに早くとも今から5年後まではプロ野球への復帰は厳しいでしょうが5年後からは許可が下りれば復帰できる可能性はあるということですね。

 

独立リーグなどでプレーをしつつ(許してくれる球団があるのなら)

しっかりと心を改めてプレーや生活していればプロ野球界への復帰はありえるかもしれません。

 

今回はどの関係者も重く受け止めているなど厳しいとは思いますが、松本選手、笠原選手は22歳と24歳なので本当に野球が好きなら30歳での復帰ができるかもしれないので、野球やるなら真剣に頑張ってほしいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ