プロ野球 2016年よりブロック禁止に!パワプロどうなる?

スポンサーリンク

2016来季からのルール改正により本塁での危険な

クロスプレー禁止が決定し、ブロック禁止が正式決定しました!

これによりランナーもキャッチャーも選手生命に関わるような

ケガをする機会はグッと減って素晴らしいことなんですが

長年親しんできた野球でのプレーの1つでもあるので

戸惑いの面もあります。ガシッとブロックしてアウトするキャッチャーって

かっこいいですしね!

あと、パワプロでは「体当たり」や「ブロック○」なんて特殊能力もあるくらいでしたし

どうなっていくんでしょうか?

スポンサーリンク

キャッチャーも戸惑う。阪神梅野捕手は

 

 

阪神タイガース梅野捕手は11月15日安芸で行われた紅白戦で初めて本塁ブロック禁止に戸惑いを感じました。

微妙なタイミングなバックホーム返球をキャッチすると

もちろん追いタッチの形でタッチに挑むも結果はセーフ・・

ランナーはこれまで通りベース盤のキャッチャーから一番遠い部分を

狙って滑り込みますから追いタッチになるとどうしてもこれまでに

要したタッチするまでの時間は遅れてしまいます。

 

プレミア12では小久保監督は「ゴロならゴー」と言うほど有利になった

という見方をしていますがキャッチャーにとっては責任も問われる

ポジションだけに梅野捕手のように戸惑いを見せる捕手も多いでしょう。

もちろん全チーム平等なので問題は無いと思われますが

違和感のあるクロスプレーになっていくのは避けようがないですね・・

 

 

なぜブロックした方がアウトにしやすいのか

 

 

キャッチャーがホームをブロックするという事はキャッチャーの

ブロックが動かない限りランナーのホームインはありえないという事になります。

 

なのでホームをガッチリブロックしてさえいれば

遅れてタッチしてもアウトになります。

 

この動画のようにタイミングはセーフでも

バックホームのボールがランナーが突っ込んでくるタイミングよりも

遅いけど足でホームをブロックした分ボールをキャッチしてから

タッチに行くまでの時間をカバーしてアウトにできるんですね!

いや石原カッコイイ!!

 

 

・・ただこういうキャッチャーがカッコイイ本塁クロスプレーを

見ることができなくなってしまうというのは野球ファンとしては

残念な気もしますね。

今までマンガやゲームでの本塁での体当たりやブロックは

ありましたし・・時代は変わるということですかね(^_^;)

 

 

パワプロでのブロック・体当たりは?

 

 

 

パワプロでは本塁クロスプレーはしっかりと表現されていました。

ブロックして吹っ飛んだランナーの頭の上にひよこが飛ぶ演出や

吹っ飛ばされたキャッチャーが動けなくなるなど

ホームでのドラマもしっかり再現されていましたが

2016年春PS4、PS3で登場予定のパワプロ2016制作スタッフは

今回のルール改正で演出の変更を頑張っている頃ではないでしょうか?

 

ただ、コナミとしては作るの難しいですよね。

だってシーズンが終わったあとでのルール改正ですので

実際に本塁クロスプレーでブロック禁止の図を見れてないんですもんね。

 

オープン戦が行われる頃には発売予定のはずだし、

NPB関係者の協力を得ながら作っていくという形になるでしょうか。

それかとりあえず分からないのでクロスプレーはこれまで通り

アリで一度作っちゃう可能性もありますかね。

 

今までホームでのドラマがあって面白かったパワプロが

どんな感じで変化しているのか楽しみです。

ホームベース上ちょっと前あたりに構えてバックホームを

待ってるのかなあ・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ