パワプロ2016 盗塁、走塁のコツ

スポンサーリンク

パワプロと言えば打って守って走って投げてという風に野球の面白さを存分に楽しめるナンバー1本格野球ゲームですよね。

その打って守って走って投げての走っての部分を極めてみましょう。

盗塁、走塁はパワプロ攻略の中では中々重要な要素を秘めています。

スポンサーリンク

2016走塁のコツ

 

足の速いキャラで有名な矢部明雄。

こういうキャラを活かすのが盗塁や走塁ですね。

足の速い選手はバッターとしてのだいご味もあるし塁に出てからも楽しめるのが特徴です。

バッターとしては普通に3塁線へ送りバントするだけで1塁間に合うときもあるし、ゲッツー崩れで1塁に残れたりします。

プロでも足の速い選手は高いバウンドのゴロでも内野安打取れたりしますが、2016のパワプロでは特にそういうシーンが見受けられます。

ショートゴロなんかでも普通に1塁セーフになったり深いセカンドゴロでもセーフになったりと足の速い選手は良いことだらけです。

 

そして最近のパワプロはこうだったのか知らないのですが、LRボタンを連打することでランナーの足が速くなります

これは盗塁の時も同じですね。

プレイステーション1の時のパワプロ98とかは確かにLR連打で走ったあとに砂埃が舞うエフェクトがあったりしましたがイマイチスピードが上がってるのかどうかは定かではありませんでした。

しかし2016では明らかにLR連打でスピードアップします!

こういう遊び心ある仕様は良いですね!

友達と遊んでても『カチヤカチヤカチヤ』と連打する音が出てゲーム1つに夢中になるなんとも言えない和やかなムードになります。

僕も連打してる顔が面白いらしく何度も突っ込まれて笑われたものですが、似たような経験をした方も多いのでは?

L2R2ボタンも反応するようなので、人差し指と中指で連打しまくればそこそこのスピードは出せると思います。

今僕が取りつかれたようにプレイしてるパワフェスではこのLR連打がかなり鍵になってくるので、カチヤカチヤやりまくるべきですね(^^)/

 

 

2016盗塁のコツ

 

今作のパワプロでは盗塁はけっこう難しいかもしれません。

構えてから1球1球投手が投げるまでタイミングが違うので完璧に決めようとしたらギャンブルスタートになってしまいます。

しかしある程度足の速い選手で捕手の守備力や肩が弱いキャッチャーが相手だと投手の投げ始めに△を押しても全然間に合う場合が多いです。

当然盗塁時もLR連打は必須ですが(^^)

 

通信対戦での盗塁も非常に難しいです、運の要素が大きいですかね。

けん制のタイミングは1人1人違うので走りにくいのは間違いないです。

投げる少し前に盗塁ボタンを押すと良い盗塁になりますが、それよりも早くボタンを押してしまうとランナーは走らずバッドスタートとなることが多いです。

こうなるとバッターは必至にバットに当てにいって内野ゴロで進塁打を打つか送りバントをするなどして進塁させる手を考えるしかないです。

ただ通信対戦だとけん制は1投球に対して2球までしかけん制できないので2球投げてきた場合はチャンスです。

相手はもうけん制できないので焦ってすぐ投げてくる場合が多いです。

タイミングを計らってスタートを切ってみましょう(^^)/

 

コツと言っても結局慣れなのでタイミングやLR連打を実際に試していってください♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ