鈴木尚広は50m何秒?年俸や嫁と息子についても!

スポンサーリンク

巨人、いや球界を代表するスーパーサブ、鈴木尚広(すずきたかひろ)選手。

足のスペシャリストで数少ない足で飯が食える選手です。

今年は37歳にして初のオールスター出場を果たすなど、その活躍は年齢と反比例して凄みを増してきています。

そんな鈴木選手は50m何秒で走るのでしょう。また結婚はいつだったのか、嫁さんや息子さんについても調べてみました。あとお調子ものな性格もあるようですよ?

スポンサーリンク

 

50mは超速いわけではない

 

 

鈴木選手の50mのタイムは5秒8~6秒と言われています。

しかしこれはマックスの話で実際の平均タイムは6秒~6秒3あたりじゃないでしょうか?

阪神の鳥谷選手の記録が5秒7~6秒と言われていましたし、今注目の高校生オコエ瑠偉選手が5秒9と言われているので、

足の速い選手の50m平均タイムは6秒前後と覚えておきましょう。

ちなみに公式日本記録は5秒75の朝原宣治さんです。

 

鈴木選手はもちろん足が速いですが普通の50mで比べるとそこまで飛び抜けているわけではないですね。

 

 

となると凄いのは塁上での研究が凄いと言えそうですね!

いつも解説の方が言っていますが盗塁を警戒されている場面で盗塁を決めてしまうのでこれが凄すぎるんですね。

代走で登場するだけでプレッシャーはかかってきますが、盗塁も決めてしまうので流石職人の技ですね(^O^)

 

 

年俸や成績は?

 

 

足にスランプはないとよく言いますが、

本当に鈴木選手は足で飯を食ってると思います。

シーズンで打席に立つことは数えるほどしかなく、ほとんどが代走からの守備固めで起用されます。

 

ある意味これで仕事が成立するプロ野球って本当に夢がありますよね!

そんな鈴木選手の年俸と成績はこちらです。

 

 

最高年俸(2015年)

5000万円

 

2015年成績

65試合、5安打、4打点、打率.294、10盗塁、22得点

キャリアハイ成績(2008年)

105試合、75安打、3本、17打点、打率.304、30盗塁、56得点

通算成績

1086試合、352安打、10本、74打点、打率.265、218盗塁、360得点

※キャリアハイは独自判断

 

 

出場試合数自体は減っていますが、その安定した仕事で年々年俸も上がっています。

恐らく2015年の5000万円付近が鈴木選手の最高年俸となってきそうですが、足だけで何千万稼げるのですから凄いですよね。

 

 

結婚はいつだった?

 

結婚は2004年あたりと思われます。

というのも息子さんが現在10歳だからですね。

詳しい詳細がないのは嫁さんが一般女性だということもありますね。

息子は翔陽くんというそうで、スポーツができそうな良い名前ですね!

お父さんのような足で魅せてくれるようなスポーツ選手になると良いなと思います。

 

なぜかネットで鈴木尚広、結婚と画像検索したら弟さんの秀尚さんと相手の方が写った画像は出てきます・・

 

そして鈴木選手は性格がお調子ものだという話があります。

最近は落ち着いたみたいですが、100試合とか出場していた昔は

威張るというかそういうトコあったみたいです。

個人的なイメージ的では紳士で謙虚であってほしいタイプの選手なので

クールに盗塁を決め続けてくれる選手でいてほしいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ