カープ来季の背番号変更選手

スポンサーリンク

カープ来季の背番号変更選手

球団が来季の背番号を発表しました。4選手の背番号変更があり、注目すべきは會澤翼選手の背番号がスタメンを期待された『27』番を着けることが分かりました!

スポンサーリンク

 

発表された背番号変更選手は4名。会沢翼、松山竜平、岩見優輝、久本祐一ら。

 

@

なんといっても注目は會澤翼。今季はケガで離脱する期間があるも65試合に出場し打率.307、10本のホームランを放つなど捕手としては素晴らしい成績を残し『打てる捕手』として猛アピールした。実際に正捕手として1番手となったとみていいだろう。

まだ26歳と若く球団としても『打てる捕手』會澤を正捕手として育てたいはずだ。守備面でも超強肩を活かしクライマックスシリーズでは1試合に2度盗塁を刺した。リードワークはまだ勉強途中だが、それをカバーできる打力と肩がある。

それに27という背番号は中日ドラゴンズ谷繁元信選手兼任監督、西武炭谷銀仁朗選手など正捕手が着ける番号でも知られている。64番から一気に27番へ変更となった會澤翼は2015年飛躍の年となるに違いない!

 

 


@

アンパンパンの愛称で知られる松山竜平は2014年大怪我もありリスタートという意味で37から44番へ変更となる。44番は今オフ戦力外となり、野手コーチ補佐となった迎祐一郎が着けていた番号だ。外野手のイメージではある番号を貰っただけに活躍し記憶に残る背番号の選手となってほしい!

 


@

カマキリ投法の岩見優輝投手は28から46番へ変更となり、2015或いは2016年結果が出せないと厳しくなってくる、そんな風に捉えられる番号の降格だ。岩見投手は2014年1軍登板がなく2軍戦でも26試合に登板し防御率6.31とピリッとしないピッチングが続いており非常に厳しい立場。元々変速な投げ方に加えボールの動きが面白いと言われて入ってきただけに結果が出ていない現状では高いプロの壁に当たっているのだろう。

貴重な中継ぎ左腕であることには変わりはないから何とか這い上がってきてもらいたい選手です!

 


@

 

久本祐一選手は65から永川光浩投手が着けていた120番へ変更。100番台という事はお分かりのように育成選手として契約になりました。中日からやってきた先発もできる中継ぎも出来る頼れる何でも屋左腕でしたが今季肩を痛め戦線離脱。年齢的にも引退かと思われましたが球団は育成選手として再契約しました。これにはまだ久本投手が使えるだろうという見解もできますし、将来的にカープでコーチを…なんて思惑もあるのかもしれません。

年齢を感じさせない140キロ後半のストレートを投げ込む久本投手にはまだまだ1軍の舞台でがんばってもらいたいです!

 

背番号変更 おさらい

會澤翼 64→27

松山竜平 37→44

岩見優輝 28→46

久本祐一 65→120

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ