相川亮二 背番号と移籍先、年俸は?

スポンサーリンク

FA宣言していた東京ヤクルトのベテラン捕手、相川亮二(あいかわりょうじ)捕手の移籍先が巨人に決まりました!

38歳通算1402試合の貴重なベテラン捕手の背番号、年俸を紹介します!

スポンサーリンク

 

ジャイアンツ正捕手阿部慎之助は来季キャッチャーとしては出場させず一塁手として打撃に専念してもらうと原監督が明言していました。阿部捕手は2014年ベストナインに9回目、8年連続で受賞しましたが体の負担が大きくなってきて打撃の調子を落としてしまった事からファーストへのコンバートが決まっていました。

巨人の若武者、小林誠司捕手が63試合に出場し打率.255という成績を残すなど、正捕手としてある程度の目処が立ったこともあり阿部選手をファーストへコンバートしましたが、正直小林選手だけに頼るというのは厳しいと思います。

原監督も「困ったら阿部にキャッチャーをしてもらう、という事はないという決意」と語るくらい固い決意でのコンバートなのだと思います。そこで獲得したのが相川亮二選手!貴重なベテラン捕手は2014年58試合に出場し打率.250という成績を残しています。

2004年アテネ五輪、2006年の第1回WBC日本代表、2013年第3回WBC日本代表に選ばれる実績がある相川選手だが意外なことに優勝経験なし。一番優勝に近い球団という事もあり、ヤクルトに提示された条件よりも悪い条件だったが出場機会が増える可能性が高い巨人を選んだ。

今季は中村悠平捕手が99試合に出場し打率.298という好成績を残すなど正捕手の座を奪われた形となっていたが、巨人でキャッチャーをやる自身と経験はまだまだあると話す相川選手。きっと第1線で活躍してくれるでしょう!!

 

年俸・背番号

 

巨人から提示された条件は年俸6000万円プラス出来高。2014年俸の1億1000万円より大幅ダウンとなりました。

背番号は『23』番に決定!若い番号に巨人から戦力として見ているという誠意が伝わってきますね♪

ヤクルトの条件は年俸7000万円と巨人の条件より好条件だったにも拘わらず残留しなかった相川選手!並ならぬ決意で巨人を選んだんだと思います。

 

相川亮二 プロフィール


@

生年月日 1976年07月11日 38歳

ドラフト5巡目 プロ年数20年 出身地 千葉県市川市

身長 182センチ 体重 86キロ

投/打 右投げ右打ち

血液型 A 趣味 ゴルフ 座右の銘 勇往邁進

野球を始めたきっかけ 兄の影響で小学1年から

愛称 相川さん、リョウジ(年上から)、アイキー

選手登場曲 KATTOBASE/UZI(ラッパーです)

個人的にはカンザスシティ・ロイヤルズの元同僚・青木宣親選手に似ているな~と思います!

 

2014年成績

58試合 48安打 2本 21打点 四死球11 打率.250 出塁率.288 盗塁0

プロ通算成績

1402試合 1103安打 65本 451打点 四死球318 打率.259 出塁率.308 盗塁11

 

相川選手自身、3チーム目の移籍先は巨人となりました!新天地でも常勝球団の中でベテランらしく、しぶといバッティング、好リードで活躍してもらいたいです(´∀`)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ