新井貴浩はポジション争いの身分

スポンサーリンク

新井貴浩はポジション争いの身分

阪神から年棒2000万円でカープへの移籍が決まった新井貴浩だが、現状カープでのスタメン起用は厳しいだろう。

カープファンはご存知だろうがカープのサードというのは選手が固定できず調子の良い選手を起用するというスタイルだ。

スポンサーリンク

 

実績がいくらあるとはいえ、カープのサードには鯉のプリンス堂林翔太、守備職人の木村昇吾、急成長の鈴木誠也、1億円プレーヤー梵英心、2014年110試合に出場した田中広輔、打撃の良い小窪哲也らが君臨しており熾烈なポジション争いを繰り広げている。

年棒2億円プレーヤーが1億円未満の輪に入ることでレギュラーを勝ち取れるかと聞かれれば、どう考えても難しいとしか言いようがない。


@

 

しかし緒方新監督の意向がどのようなものかは分からないが、緒方孝一の性格から言うと実力のあるものを使ってくれるはずなのでポジション争いは熾烈なものになるが努力して実力でスタメンを勝ち取って欲しい。

ファンも試合に出て活躍してくれる選手を非難するわけがない。特に古巣復帰について色々言われる新井貴浩だが、そのファンの前で熱い活躍を見せてくれれば誰もが納得するだろう。

 

それと新井貴浩の強みはファーストも守れること。ファーストにはエルドレッド、松山竜平、ヘスス・グスマン、岩本貴裕、栗原健太などもいるので厳しい戦いとなる事は間違いないがエルドレッドは不調の時はとことん不調なのでチャンスはないこともない。

グスマンは未知数だがオープン戦の活躍次第では上に立って優位な立場でシーズンに入れる可能性はある。

 

カープに復帰したからといってスタメン起用が増えるわけではないが、再びファンから愛される選手となって輝いてもらいたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ