田口麗斗の高校・中学時代について

スポンサーリンク

巨人2年目、2013年高校ドラフト3位田口麗斗が初先発、初勝利、初安打、初打点、初V打と初物づくしの大活躍で巨人の救世主として現れました。

 

この期待の左腕の高校時代や中学時代を調べてみました!

スポンサーリンク

 

田口麗斗は甲子園未出場で日本選抜に

田口麗斗

 

 

高卒2年目で巨人の先発ローテーションをつかもうとしている田口麗斗ですが意外にも甲子園出場はありません。初ものづくしで衝撃デビューを飾っただけに甲子園出てないんだ・・と思いましたが実力十分のようですね!

田口投手は広島出身で広島新庄高校で野球部に入ると1年生からベンチ入りするほどその実力は監督、チームメートに認められていたようです。

 

 

実力をメキメキつけていった田口投手は新庄高校のエースに成長し、通り名も、西の田口麗斗、東の松井佑樹と呼ばれたほどで、広島のドクターKの異名も持つほど奪三振率も高かったみたいです。

スリークォーターから繰り出される最速147キロの直球を軸にスライダー、カーブで三振の山を築き、ちょっと高校生レベルでは打てないような投手だったようです。

 

 

その実力が証明されたのは3年の夏、甲子園切符まであと1試合という決勝戦。相手は広島瀬戸内お高校エース山岡泰輔と緊迫感漂う投手戦を演じ、なんと15回を無失点に抑えてしまいます。

これは規定により15回引き分けという形になり2日後に再試合がありました。ここでも神がかったピッチングを披露して8回を1失点の好投を見せるも1点を失い惜しくも破れてしまいました。

 

 

甲子園切符が掴める最後の夏は残念ながら決勝で敗退という形になってしまいましたが、この実力と才能が認められたのか第26回AAA世界野球選手権大会日本代表に選出されました!これは凄いことですよね。

広島では広陵高校や広島商業高校が野球の有名校ですが、新庄高校から選出されたのでスカウトの方にもアピールできてたんだと思いますね。

この世界大会では3度も登板しています。

ちなみに広島新庄高校からは広島カープの永川勝浩投手が主な出身者です!

 

 

田口麗斗の中学時代

 

 

中学は広島市立五日市観音中に進学し五日市観音シニアで活躍したみたいですが軟式野球部だったとのことです。

 

硬式球のチームを選ばなかったということは中学時代ではまだプロをそこまで意識していなかったのかもしれませんね。

理由は分かりませんが新庄高校で問題なく1年生からベンチ入りしているのであまり軟式硬式関係ないのでしょうか?縫い目やボールの重さで腕の振りや変化球の質も変わってくると思うので影響はあるはずですが、そんなの関係ない才能だったのでしょうね(´∀`)

 

 

田口麗斗の小学3年で野球を始める

 

 

野球を始めたのが小学3年生ということらしいです。プロ野球選手になる人はだいたい小学校低学年とかから野球を始める選手が多いイメージなので、やっぱりこの辺りから始めるのかなと思いましたね。

五日市観音シニアではやはりエースで、なんと県大会出場。カープJrでNPB12球団ジュニアトーナメントに出場するという経歴もあります。小学校時代から既に才能溢れまくっていたのが伝わってきますよね!

 

 

素晴らしい野球経験を経て大ファンだった読売ジャイアンツに入団することができた田口投手。巨人は2015年開幕ダッシュに失敗し打線、投壊が進んでいるので先発ローテーション入りする大チャンスです。

高木勇人のようにオープン戦で活躍しただけでローテーション入りできてしまう状況なのでこのまましれ~と巨人の先発枠を勝ち取って欲しいですね!

 

 

田口麗斗のプロフィール

田口麗斗

 

田口麗斗(たぐちかずと)

生年月日・・・1995年9月14日

出身地・・・広島県広島市佐伯区

身長/体重・・・171センチ/75キロ

背番号・・・90 年俸・・・630万(2015年)

左投げ左打ち 投手

登場曲・・・矢沢永吉/ファンキー・モンキー・ベイビー

最速147キロ 持ち球はスライダー、カーブ、カットボール

2015年4月11日プロ初登板、勝利、安打、打点、V打

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ