【引退選手】 横山竜士の成績や清原とのあのエピソード

スポンサーリンク

2014年、実に20年間の現役生活を終えた広島カープの横山竜士投手。

成績や選手としての特徴、清原とのあの懐かしいエピソードを振り返ってみましょう。

横山竜士の選手像

スポンサーリンク

 

横山竜士と聞いてまず思い浮かぶのが牽制でしたよね!

横山牽制

 

この超素早い牽制は引退する38歳になっても衰えませんでした!

試合を見ていて一塁にランナーがいる時はいつもワクワクして見ていたのを思い出します^^

横山選手は若い時は先発として150キロの速球を武器に活躍しました!年齢を重ねると中継ぎとしての起用が増え、カーブにスライダー、フォークボールが主な持ち球でした。

 

 

横山竜士(よこやまりゅうじ)

生年月日・・・1976年6月11日

出身・・・福井県勝山市

身長/体重・・・178センチ/80キロ

血液型・・・B型

投/打・・・右投げ右打ち

背番号・・・1998年から23番

 

 

成績や年俸はどうだった?

 

中継ぎとして活躍した期間の成績

 

2007年 60試合 3勝3敗 72回 防御率2,63

2008年 38試合 5勝1敗 42回 防御率1,50

2009年 69試合 3勝8敗 64回 防御率3,52

2010年 46試合 3勝2敗 50回 防御率1,62

2011年 2試合  0勝0敗 1回 防御率45,00

2012年 23試合 2勝0敗 21回3/2 防御率0,42

2013年 37試合 1勝1敗 39回 防御率3,23

2014年 6試合  1勝0敗 6回 防御率8,10

 

通算

 

507試合46勝44敗17セーブ防御率3.42

 

引退した2014年や2011年は登板機会が少なかったので参考にならないですがしっかりと登板を増やした年は素晴らしい成績を納めているのが分かります。カープはAクラス入りがずっとなく本当に苦しい時代を支えてきた選手です。横山投手がいたからこそ毎年Aクラス争いができたのもあると思います。

間違いなくチームに貢献してきた選手なのでお疲れさまでしたと言いたいですm(_ _)m

 

 

年俸推移

 

1995年(19歳)ドラフト5位入団 契約金 3000万

20歳・・・450万 21歳・・・410万 22歳・・・1800万

23歳・・・1500万 24歳・・・2500万 25歳・・・2100万

26歳・・・1900万 27歳・・・1700万 28歳・・・1400万

29歳・・・1100万 30歳・・・1700万 31歳・・・2000万

32歳・・4300万 33歳・・・5800万 34歳・・・6500万

35歳・・・6500万 36歳・・・6500万 37歳・・・4000万

2014年(38歳)・・・4500万

 

 

清原とのあのエピソード

 

横山竜士投手は気持ちを全面に出しながら投げるのが魅力のピッチャーですがそれが裏目に出た試合がありました。

それは横山投手が清原和博を三振に仕留めた際にどうじゃこりゃー!と叫んだ時に事件は起こりました。

 

きよはら

 

ああん!?

清原は怒り立ち止まると横山投手を睨みつけました。横山投手はビクっとなり動きが止まってしまったシーンがあったのを覚えています(笑)

動画や画像を探しましたが残念ながらなかったのでご想像にお任せしますw

ファンなら知ってるこのエピソードはとても懐かしいですねー。

「20年もやれるとは思ってなかった」と言う横山投手の引退後は中国放送の野球解説者となっています。将来的にはこれだけカープに貢献した選手なので投手コーチの打診はあるんじゃないかと思いますね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ